Tポイント

すいな(推拿)による施術について

推拿による施術の様子を、動画でご紹介致します。

推拿ってなんだろう

施術の様子

推拿とは、中国から来た手技療法で、文字通り、「推」は推す、押すことですね、「拿」はつかむ、とか捕らえる、なんていう意味があるみたいです。
つまり、「推」して「拿」する。押して、捕らえるということです。凝りや痛みのもとを、押して捕らえるという意味なのでしょう。

「すいな」って言葉いいですね、
やわらかくて、やさしくて、おだやか。
ぼくは、師匠に出会ってこの療法の名前を聞いたときから、この言葉の響きが大好きで、「すいな健康院」という名前をつけました。

施術の様子

具体的には、おもに手のひらと指で、筋肉や靭帯の固まり、凝りをほぐして、関節のズレや動きを良くして、血行やリンパの流れを改善させ、症状を緩和して、自己免疫力と自然治癒力を高めるのです。ツボ(経穴)や経絡に基づいて、患者さんの状態を把握し、施術の参考にする場合もあります。
推拿は即効性があり、「その時は気持ちがいいんだけど、終わったらすぐ元に戻る」といったその場しのぎでもありません。

マッサージとの違い

施術の様子

一般的に『マッサージ』と聞いてイメージされている概念とは、はっきり「違う」と申し上げることが出来ます。
マッサージとは辞書によれば、『主に手で、皮膚や筋肉をさすったり、もんだり、たたいたりして刺激を与え、新陳代謝をよくし、機能を回復させて治療を図ること』とあります。

ぼくは、民間の療術師なので、『治療』という言葉は使えませんが、その他の記述は、推拿の説明としても使える内容だと思います。

推拿の種類

「じゃ、一緒なの?」と聞かれると、「違います」と答えないわけにはいきません。上記のマッサージの定義の中に『推拿』は収まりません。それでは、一番の違いは何でしょう!?

それは、気功を取り入れた『功力』を使っていることです。どんなに腕力に自信のある力自慢でも、気功をとり入れた柔らかい力である『功力』が使えなければ、症状の元凶に届くことは出来ません。
例え患部の深層を見つけたとしても、ガンガン強いやり方は、患部と周囲の組織を傷めるばかりでなく、患者さんのデリケートな心の部分まで、傷つけることになるでしょう。

「モノ」として診たり触ったりしても、もんだり、たたいたり、さすったりしても、レントゲンを何枚撮っても見えない症状。その症状のもとを、手指と気で感じながら整えていく、あるいは掃除していく、そんなやりかたです。

推拿の歴史

五行イメージ

推拿(すいな)は3千年以上の歴史を誇る中国固有の手技療法で、漢方薬鍼灸と並ぶ中国医学の3大治療法の一つです。
宇宙にあるものはすべて、「陰と陽」、あるいは「木、火、土、金、水」という五行に位置づけられ、互いにバランスをとれていれば安定する、というのが中国古代の哲学思想です。

人体の臓器についても、肝は木、心は火、脾は土、肺は金、腎は水と当てはめて、これに陰陽論をミックスして五臓を陰と陽のバランスで捉えて健康状態を判断します。
中医学では表れている不調だけでなく、カラダを1つと見て全体に働きかける治療を行ないます。

陰陽イメージ

唐の時代(581~917)に朝鮮や日本にその技術が伝わり、時代の流れとともに世界各地に広がり、手技による整体法の分野では、中医推拿がその源流であり、最高峰です。

臨床面においては、安全性・即効性があることが特徴で、本場中国では三千年以上前から臨床と研究を重ね現在では世界60ヶ国へ広まり国際的にも注目されている伝統手技療法です。

受付直通携帯電話番号 090-8346-0207 信長正義
メールでのご予約・お問い合わせはこちらから